刀 1185 無銘(青江長次)
- Mumei(Aoe Nagatsugu) -

刃長 二尺一寸八分一厘弱 / 66.1 cm 反り 四分四厘強 / 1.36 cm
元幅 28.0 mm 元重 6.7 mm
先幅 物打22.2 mm  横手位置19.3 mm 先重 物打5.4 mm  松葉位置4.4 mm
目釘穴 3個 時代 南北朝末期~室町初期
The last years of Nanbokucho ~ The early years of Muromachi era
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 平成24年6月12日 東京都登録
附属 ・素銅地上貝赤銅着下貝菱紋金着二重はばき
・白鞘
価格 1,800,000 円(税・送込)



長次は備中青江派最後の刀工で、文和年紀及び応永年紀のものが遺されています。 長次の作風は穏やかな直刃、或いはは華やかな丁子乱れなどを焼き、南北朝前期の青江物とは異なって逆丁子にならない点に特色を示しています。

この刀は総体に錆に包まれたうぶ出し状態から、当店にて極上研磨、極上はばき、極上白鞘の諸工作を施し、特別保存刀剣鑑定までを受審したものです。
スラリとした優しい姿に鋭さを感じさせる延びた切先。地鉄は小板目杢交じりで良く練られ、判然と乱れ映りが立つ様はまさに見事の一言に尽きます。刃文は匂口は柔らかく繊細な小乱れを呈して足よく入り、砂流が見られるなど見所多く、美術鑑賞刀として申し分ない名刀です。重要刀剣審査を是非御受審下さい。

裸身重量599グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。