刀 1159 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸一分 / 70.0 cm 反り 二分六厘強 / 0.81 cm
元幅 28.3 mm 元重 7.2 mm
先幅 物打23.2 mm  横手位置19.9 mm 先重 物打5.9 mm  松葉位置6.4 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和46年3月11日 京都府登録
附属 ・素銅はばき
・黒刷毛目塗鞘打刀拵
価格 240,000 円(税別)



鍛えられた当初は元幅があと2ミリは広かったものと思われるが、総じてやや細身のスラリとした反り浅目の姿が印象的。地鉄は柾目鍛えで、地鉄に絡んで沸付き、幾重にも映りとも、湯走ともとれる地鉄の変化を見せている。刃文は浅い小湾れ主調に腰が低い互ノ目を交え、所々尖りごころの刃を交え、柾目肌が強く現れている。帽子は表裏直ぐに先焼き詰め風に短く大丸となっています。なかなか面白い出来口ですので、上研磨を施して更なる地刃の働きを楽しみたいものです。構えてみると手元重心でバランスが良く、扱いやすさを感じさせる一刀です。
※製作年代を江戸前期と表記しましたが、時代が下がって江戸後期の可能性もございます。

附属の拵は縁頭に丸に二つ引き両紋があしらわれ、鞘は黒の刷毛目塗り。鞘尻には鉄地の鐺金具が添えられています。

裸身重量695グラム。  拵に納めて鞘を払った重量987グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。