刀 1141 播磨守藤原輝廣作
- Harima no kami Fujiwara Teruhiro -

刃長 二尺二寸六分四厘弱 / 68.61 cm 反り 五分弱 / 1.53 cm
元幅 33.7 mm 元重 7.2 mm
先幅 物打27.2 mm  横手位置22.8 mm 先重 物打5.4 mm  松葉位置4.3 mm
目釘穴 1個 時代 江戸中期
The middle period of Edo era
鑑定書 登録 昭和43年12月5日 兵庫県登録
附属 ・銀はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 360,000 円(税別)



身幅広く、元先の差が開き、反りは気持ち浅目で中切先。寛文新刀姿の名残を感じさせる姿です。地鉄は小板目杢交じりで良く練れて詰み、淡く映りが立って精美。刃文は匂口明るく大湾れを焼き上げ、乱れの山には小足が入り、小互ノ目が看取されます。帽子は表裏直ぐに先丸く、返りは長め。棟に切込傷が在り、その数は大小合わせ三箇所確認できます。

附属の拵は金着切羽が添えられ、縁頭と目貫は赤銅地で格式高い。鞘を一部素人が塗り直したようで、乾燥の際に付着した埃が凸としなっているので、気になる方はお気軽に塗り直しを御用命下さい。現状では柄にわずかに遊びが見られます。こちらは5,000円(税別)にてガタ直し承ります。

裸身重量713グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,025グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。