刀 1140 武蔵守(以下切)
- Musashi no kami (cutting below) -

刃長 二尺一寸六分弱 / 65.46 cm 反り 三分九厘強 / 1.21 cm
元幅 29.7 mm 元重 7.0 mm
先幅 物打23.6 mm  横手位置21.1 mm 先重 物打5.3 mm  松葉先4.8 mm
目釘穴 3個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和26年7月18日 福岡県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 380,000 円(税別)



元先の差が程好く開き、帽子は延びて鋭さを感じさせる。地鉄は杢目肌が良く練れて少しく肌立ち、刃文は広直刃調に節立つが如く互ノ目を交えている。刃中には細かな砂流が見られ、互ノ目の焼頭には葉も見られる。
武蔵守から先の銘が磨り上げによって切られているが、兼中辺りの作であろう。
当店にて美術鑑賞用上仕上直研磨を施しました。研ぎ上がったばかりの地刃の冴えを存分に御堪能頂けます。

裸身重量693グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。