刀 1132 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸七分六厘 / 72.0 cm 反り 五分弱 / 1.52 cm
元幅 30.4 mm 元重 7.0 mm
先幅 物打22.2 mm  横手位置19.0 mm 先重 物打5.6 mm  松葉先5.2 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和45年12月17日 東京都登録
附属 ・素銅はばき
・銀はばき
・白鞘
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 330,000 円(税別)



元先の差が開いた優しい姿。地鉄は杢目肌が良く練れて少しく肌立ち、刃と棟は柾がかる。刃文は直刃調に互ノ目を交え、刃中には砂流、互ノ目足、金筋や稲妻等の働きが看取出来、観賞刀としてもお楽しみ頂ける出来口。
当店にて銀はばきと居合稽古用に武用拵を新調致しました。薄手の鐔を装着しているため、将来、鐔の交換をされる場合を考慮して、切羽は三枚仕立にしております。気持ち良く御所持頂ける一刀です。手持ちバランスも良く、片手操作にも適しています。
※拵写真は同デザインの金具を使用した物を転用しております。

裸身重量726グラム。  拵に納めて鞘を払った重量968グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。