刀 1096 越之前州住兼植
- Echi no zen shu ju Kanetane -

刃長 二尺三寸七分九厘 / 72.1 cm 反り 五分二厘強 / 1.60 cm
元幅 30.6 mm 元重 6.5 mm
先幅 物打24.6 mm  横手位置20.1 mm 先重 物打5.2 mm  松葉先3.9 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 平成18年11月16日 兵庫県登録
附属 ・素銅はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
・白鞘
価格 330,000 円(税別)



初代兼植は本国美濃関。同族の兼法らと共に越前国の豪族、朝倉氏に招かれ、越前一乗谷に来住し、晩年は入道して道本と号しています。二代の兼植は加賀での作刀があり、三代は常陸守を受領しており、同族の兼植は江戸や越後での作刀も見受けられます。

この刀は美濃伝を踏襲した杢目に刃縁と鎬地が柾目となった鍛えに、匂口明るく冴えた直刃を焼き上げており、所々で刃幅に広狭をつけて湾れごころが交じり、刃中には長い葉が見られ、帽子は直ぐに先掃き掛けて短く返っています。
刀身中央付近に刃切のように見える疵がありますが、これは鍛え目が縦に出ているだけで刃切ではございませんのでご安心ください。刃長二尺三寸八分近い魅力的な一刀です。

裸身重量702グラム。  拵に納めて鞘を払った重量933グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。