刀 1095 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸九分八厘弱 / 72.68 cm 反り 四分五厘強 / 1.38 cm
元幅 31.6 mm 元重 7.8 mm
先幅 物打23.3 mm  横手位置20.7 mm 先重 物打5.6 mm  松葉先5.3 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和37年3月15日 徳島県登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
・白鞘
価格 380,000 円(税別)



現代人の武用に適した二尺四寸近い刃長が好ましく、元先の差が程好く開き、帽子はやや延びごころ。すらりとした印象を与える。地鉄は小板目肌よく練れて詰み、少しく肌立つ。刃文は匂口明るく冴え、直刃に大湾れ、互ノ目を交え、匂口には荒沸が付いて出来激しく、刃中砂流かかり、足入り、蛇の目刃交じり、帽子は直調にやや乱れ込みごころで先掃きかけて丸く返り、棟焼を成し、手持ちバランスは良い。

小さな鍛錬疵が指裏に見られます。実際に使用された痕跡が見られ、棟に大小複数の斬り込み疵、指裏物打辺りの鎬筋にも受け流した痕が二か所見られます。
本刀がどのような士に用いられ、如何にして敵の斬撃を受け流したのか、遥か古の時代を想像させる歴史浪漫溢れる一刀。

裸身重量789グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1034グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。