刀 1070 為松本家重代池田正行作之 平成九年三月吉日
- Ikeda Masayuki -

刃長 二尺三寸二分 / 70.3 cm 反り 五分四厘 / 1.65 cm
元幅 32.8 mm 元重 7.4 mm
先幅 物打25.4 mm  横手位置22.4 mm 先重 物打6.0 mm  横手位置6.1 mm
目釘穴 1個 時代 平成9年(1997)
The early period of Heisei era
鑑定書 登録 平成9年9月9日 大阪府登録
附属 ・銀はばき
・白鞘
・黒石目塗鞘打刀拵
価格 398,000 円(税別)



池田辰男。昭和13年生まれ。大阪府堺市に住す。卍正行の名で知られ、刃物の町堺に住するだけあって、本焼き包丁等の実用刃物を鍛えてきた経験から、実用兼美の利刀を鍛える刀工です。

この刀は小板目良く詰んだ破綻無き地鉄に、小沸本位の匂口にて指表は小互ノ目を。指裏は互ノ目丁子を巧みに焼き分けた力作で、刃中には足がよく入り、金筋も見られます。特筆すべき鍛錬疵も無く、観賞刀としても武用刀としても申し分ない出来口です。
所々に長いヒケがついていますが、真面目な研磨が施されているため、地刃共に見易く、ヒケさえ気にしなければ特に手をかける必要はない状態です。
ヒケ除去部分研磨御相談に乗ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

附属の拵は気が利いた構図が良い現代金具を用い、当店にて新調致しました。居合稽古時の鞘引きに適した石目塗を採用。居合に関する知識豊富な店主町井勲監修品です。

裸身重量823グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1051グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。