刀 1059 釼龍子正信造之 元治元年八月日
- Kenryushi Masanobu -

刃長 二尺三寸八分七厘強 / 72.35 cm 反り 四分六厘強 / 1.41 cm
元幅 32.2 mm 元重 8.6 mm
先幅 物打24.8 mm  横手位置22.8 mm 先重 物打6.9 mm  松葉先6.6 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期元治元年(1864)
The latter period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和51年9月14日 北海道登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
・白鞘 / 継木
価格 490,000 円(税別)



釼龍子正信は江戸後期に活躍した刀工ですが、作刀地等は知られておらず、国不詳の刀工として銘鑑にも詳細は記されていません。現存する作品も恐らく少ないものと思われ、貴重な一刀であると言えます。

この刀は特筆すべき疵欠点無く、地鉄は杢目肌が良く練れて肌立ち、刃縁柾がかり、中直刃調の刃文は刃縁に小沸が付いて変化が見られ、砂流や金筋、打除等を交え、帽子は直ぐに丸く返り、茎は長く、先に控目釘があけられているところから鑑るに、美観のみならず、実用をも重視した正信の熱意が伝わってくる逸品です。

附属の拵の柄は、合戦図で統一され、鐔は細かな透かしが施された南蛮鐔の上手が添えられています。
現代人の居合稽古にも適した二尺三寸八分と好ましい刃長ではございますが、附属する拵の金具等も考慮しますと、武用として用いるには勿体ない一刀です。どうか純然たる観賞用として御愛玩頂ければと思います。
で。

裸身重量947グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1217グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。