刀 1054 國長作
- Kuninaga -

刃長 二尺三寸二分九厘弱 / 70.59 cm 反り 六分六厘強 / 2.02 cm
元幅 31.0 mm 元重 6.6 mm
先幅 物打24.7 mm  横手位置20.9 mm 先重 物打5.0 mm  松葉先3.7 mm
目釘穴 1個 時代 室町中期~後期
The middle ~ latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 平成6年8月14日 東京都登録
附属 ・素銅はばき(元金消)
・変塗鞘打刀拵(鐔欠)
価格 172,000 円(税別)



杢目肌よく練れて少しく肌立ち、刃縁柾がかる。匂口明るい互ノ目乱れを焼き上げ、刃縁砂流かかり、尖りごころの刃を交える。
登録証では無銘になっていますが、仔細に見ると薄っすらと國長作と銘を読み取ることができます。正真銘ならば美濃千手院系の國長かと思われます。是非研磨を施して保存刀剣審査を御受審下さい。

鞘は斜線模様に細かな青貝を蒔いた上等な贅を尽くした変り塗りですが、鯉口に下手な補修跡が有り、鞘の姿を損なっておりますので、栗形下迄鮫を巻くか藤巻等の工作を施して鞘の価値を高めて下さい。切羽は素銅地金着。柄は後世の合わせと思われますが、薄手の鐔を装着すればそのままお使い頂けますし、現在附属の柄を下取りに出されることで、追加料金無く新調することが可能です。お気軽にご相談下さい。

裸身重量647グラム。  拵に納めて鞘を払った重量785グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。