刀 1048 宗茂
- Muneshige -

刃長 二尺一寸一分四厘強 / 64.08 cm 反り 四分六厘強 / 1.41 cm
元幅 32.0 mm 元重 8.0 mm
先幅 物打27.2 mm  横手位置24.2 mm 先重 物打6.4 mm  松葉先6.5 mm
目釘穴 1個 時代 江戸中期
The middle period of Edo era
鑑定書 登録 昭和38年6月28日 長崎県登録
附属 ・素銅地銀着はばき
・藍鮫研出鞘打刀江戸肥後拵
・白鞘 / 継木
価格 298,000 円(税別)



銘鑑によると江戸中期の元禄頃、山城国に宗之の子、山城明壽五代目と言う宗茂が見られますが、本刀初見につき詳細は不明。

中心反りやや深めで重ね厚く、身幅広めで切先延びた豪壮な造り込みが印象的な一刀。地鉄は杢目肌が少しく肌立ち、匂口明るく冴えた刃文は直刃調子に互ノ目や尖り互ノ目を交えて節立たせ、刃中には小足が入り、砂流かかり、愛らしい動物の足跡のような小さな飛焼も見られます。

附属の拵は藍鮫を研ぎ出しにした革巻柄の江戸肥後拵で、実用的でありながらも格式高い仕上がりとなっており、白鞘と継木も附属していますので保管も安心。お求め易い価格で御案内致しますのでお見逃しなき様ご注意ください。

裸身重量798グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1117グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。