刀 1031 無銘
- Mumei -

刃長 二尺一寸三分二厘強 / 64.62 cm 反り 三分六厘弱 / 1.1 cm
元幅 29.9 mm 元重 7.1 mm
先幅 物打20.8 mm  横手位置19.1 mm 先重 物打5.5 mm  松葉先4.4 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和49年6月20日 東京都登録
附属 ・素銅地赤銅着二重はばき
・巻貝散研出鞘打刀拵
価格 180,000 円(税別)



大磨上無銘、室町後期の末関辺りと鑑せられる古刀です。
杢目肌の地鉄に仰々しくない初期の頃の三本杉刃文を焼き上げており、尖り刃交える。

附属の拵は、小さな巻貝を薄切りにして嵌め込み、漆をかけて研ぎ出した変わり鞘で、指表の栗形から下より中鎬を立て、柄は卯の花色の細糸にて蛇腹巻きに仕上げてあり、贅沢な造りになっています。笹に虎図の色鐔も上品でこの拵に相応しい。

裸身重量594グラム。  拵に納めて鞘を払った重量920グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。