刀 1027 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸四分六厘弱 / 71.1 cm 反り 五分六厘弱 / 1.71 cm
元幅 29.2 mm 元重 7.5 mm
先幅 物打23.4 mm  横手位置20.0 mm 先重 物打5.8 mm  松葉先4.85 mm
目釘穴 2個 時代 室町後期 ~ 江戸初期
The latter period of Muromachi era ~ The early years of Edo era
鑑定書 登録 昭和39年3月4日 愛知県登録
附属 ・素銅はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 230,000 円(税別)



小板目肌良く練れて淡く映り立つ。刃文は明るく冴え、直刃調に僅かに湾れごころを交え、足盛んに入って小乱れを形成し、元は匂口締まるも、先に行くに従って深くなる。

付属の拵は、柄の鮫に藍鮫を用い、総体的に質素剛健な印象を与えます。切羽はうぶの素銅地金鍍金。
現状でも地刃の御観賞は可能ですが、出来が良い一刀ですから、然るべき上手な研磨を施し、保存刀剣鑑定御受審をお薦め致します。

裸身重量712グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1011グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。