刀 1020 肥前國住源正則
- Hizen no kuni ju Minamoto Masanori -

刃長 二尺三寸四分六厘強 / 71.1 cm 反り 四分三厘弱 / 1.31 cm
元幅 29.4 mm 元重 6.9 mm
先幅 物打23.7 mm  横手位置20.6 mm 先重 物打5.6 mm  松葉先5.05 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 平成1年8月10日 岡山県登録
附属 ・素銅地金着二重はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
・白鞘 / 継木
価格 380,000 円(税別)



小板目肌杢交じり、良く練れて詰み、地沸付く。刃文、匂口明るく冴えた直刃を焼き、指裏には二重刃が見られる。帽子、直ぐに気持ち弛み込み先丸く短く返る。特筆すべき鍛錬疵無く、地刃共に精良。真面目な研磨が施されているので、地刃の観賞用としてお薦め。

附属の拵は黒牛革(表革)にて諸捻巻き。鮫も黒塗りで全体的に渋い仕上がりになっています。白鞘と継木もございますので、武用刀としても、美術鑑賞刀としても存分にお楽しみ頂ける一刀です。

裸身重量735グラム。  拵に納めて鞘を払った重量972グラム。
※委託品


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。