脇指 527 清則 永享八年二月日
- Kiyonori -

刃長 一尺六寸四分 / 49.7 cm 反り 四分六厘 / 1.4 cm
元幅 28.2 mm 元重 6.0 mm
先幅 物打23.6 mm  横手位置20.4 mm 先重 物打4.8 mm  松葉位置3.4 mm
目釘穴 1個 時代 室町前期永享八年(1436)
The early period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和59年9月3日 神奈川県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・沙綾形大胴金付変塗鞘半太刀脇指拵
価格 435,000 円(税・送込)



清則と銘切る古刀期の刀工が数多いますが、銘鑑によると應永と永享頃に出羽で活躍した清則の名が見られます。極めは専門期間での鑑定に任せたいと思います。

この脇指は、杢目肌が良く練れて詰み、少しく肌立ち、匂口明るい互ノ目乱れには、乱れの谷や焼き頭に沸筋が連なり、足よく入り、砂流も顕著に見られる出来口です。
当店にて美術鑑賞用上研磨を施しました。研ぎ上がったばかりの清々しい地刃の冴えをお楽しみください。

沙綾形模様の銀の大口金が眼を惹く半太刀拵。小柄の欠損が惜しまれるものの、金着せ切羽もそのままオリジナル。大変貴重な逸品です。

裸身重量422グラム。  拵に納めて鞘を払った重量702グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。