脇指 521 無銘(藤原高田)
- Mumei(Fujiwara Takada)-

刃長 一尺四寸八分二厘 / 44.9 cm 反り 二分四厘 / 0.74 cm
元幅 30.8 mm 元重 7.4 mm
先幅 物打26.8 mm  横手位置24.4 mm 先重 物打6.4 mm  松葉位置5.3 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和47年6月14日 大分県登録
附属 ・下貝素銅上貝宣徳二重はばき
・白鞘
価格 250,000 円(税・送込)



豊州高田派は、豊後国高田地区(現大分市鶴崎近辺)で栄えた刀工一派で、古刀期の作に平姓を銘切るものが多いことから、それらを平高田と称し、新刀期以降は藤原姓を銘切るようになったことから、藤原高田と汎称します。
古来より実用刀としての評価が高い一派で武用刀として数多の武将に愛用されました。

一見、うぶ無銘の脇指に見えるも、焼き出し部分を仔細に見れば大磨上であることが窺われます。重ねしっかりとした造り込みで、切先は延びごころ。複雑な変化を見せる丁子刃を巧みに焼き上げ、地鉄に瑕疵は無く、専ら実用刀を手掛けていた高田派の中では、かなり出来の良い名作に分類される一刀です。
※白鞘裏側鳩目欠。保存刀剣鑑定書は日本美術刀剣保存協会より当店へ到着次第お届け致します。

裸身重量563グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。