脇指 516 氏重
- Ujishige -

刃長 一尺七寸三分八厘 / 52.65 cm 反り 一分九厘 / 0.58 cm
元幅 33.0 mm 元重 7.7 mm
先幅 物打28.8 mm  横手位置25.5 mm 先重 物打6.0 mm  松葉位置4.6 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 昭和56年2月26日 福島県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 337,000 円(税・送込)



身幅広く、重ね厚く、切先延びた豪壮な造り込み。氏重と言えば海部や高田、島田や尾張、播州、伊勢と、古刀から新々刀期まで複数名確認されているものの、本刀の作者である氏重は新刀期の作であることは認められるものの、そのいずれの流派に属する者かは定かではありません。

杢目肌柾流れ、良く練れて詰み、少しく肌立ち、匂口明るく冴えた刃文を焼きあげ、元は緩やかに、先に行くに従って刃縁よく沸付き、沸本位の複雑な互ノ目丁子となり、刃中には足や砂流が見られ、縦横無尽に変化に富んだ見応えある作品です。
出来が良いだけに上研磨を施し、末長く愛でて頂きたいと言う思いから、研磨代を考慮したお求め易い低価格にて御案内致します。この機会に覇気溢れる出来口の名脇指をコレクションにお加えください。

裸身重量624グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。