脇指 512 山城大掾藤原義行
- Yamashiro daijo Fujiwara Yoshiyuki -

刃長 一尺五寸八分九厘 / 48.05 cm 反り 三分二厘 / 0.98 cm
元幅 31.1 mm 元重 7.5 mm
先幅 物打24.4 mm  横手位置22.2 mm 先重 物打6.0 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期(寛文頃)
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和49年4月10日 大分県登録
附属 ・素銅地下貝金鍍金上貝銀着二重はばき
・白鞘
価格 152,000 円(税・送込)



江戸前期の寛文頃に豊後の高田で槌を振るった義行の脇指です。
緻密に練られた杢交じりの小板目が詰み、少しく肌立って精美。刃文は匂口明るく冴え、一切の破綻が無く、刃縁には繊細な働きが観取されます。

裸身重量516グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。