脇指 504 無銘(藤島)
- Mumei(Fujishima) -

刃長 一尺一寸八分二厘 / 35.8 cm 反り 二分四厘 / 0.72 cm
元幅 23.5 mm 元重 6.9 mm
先幅 物打20.2 mm  横手位置18.7 mm 先重 物打5.1 mm  松葉位置4.7 mm
目釘穴 1個 時代 室町前期~中期
The ealry ~ middle period of Muromachi era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和26年1月31日 千葉県登録
附属 ・素銅地銀着はばき
・白鞘 / 継木
・黒蝋塗鞘脇指拵
価格 542,000 円(税・送込)



藤島とは、山城の名工、来國俊の門人であった初代藤島友重を祖とする、鎌倉末葉から南北朝に加賀国に移り住み作刀した刀工一派です。越前国藤嶋を生国とする故に藤嶋と称すると伝えられています。現存する藤島は室町初期より見られ、室町後期頃は特に繁栄しました。作柄は、姿などに京風の雰囲気が垣間見られますが、地鉄に黒味があり、大和伝風のものも、備前、美濃伝にも見える作品があると云われています。

この脇指は刀、または長寸の脇指を大きく磨り上げたもので、小疵あれど地鉄は良く練れて纏まっており、匂口明るく冴えた互ノ目乱れを巧みに焼き上げた作品。
附属する拵は状態良く、金具は龍図で統一され、見た目にもすっきりとしています。柄巻きは上手の裏革巻き。水戸金工の作になると鑑せられる黄金色に輝く鐔が、荘厳な雰囲気を醸し出しています。

当店にて研磨を施しました。研ぎ澄まされた古刀藤島の地刃の冴えを御堪能下さい。

裸身重量253グラム。  拵に納めて鞘を払った重量479グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。