脇指 495 無銘
- Mumei -

刃長 一尺八寸三分二厘 / 55.62 cm 反り 四分三厘 / 1.31 cm
元幅 27.8 mm 元重 6.1 mm
先幅 物打21.1 mm  横手位置16.7 mm 先重 物打4.6 mm  松葉位置3.1 mm
目釘穴 2個 時代 室町初期
The early period of Muromachi era
鑑定書 登録 平成19年7月20日 奈良県登録
附属 ・素銅地金着二重はばき
・黒蝋塗鞘脇指拵
価格 113,000 円(税・送込)



奈良の旧家からのうぶ出しの一刀で、当店にて柄巻きのみし直しました。
現状では茶色い錆に包まれ、全体の出来の様子は窺い知ることができませんが、窓開けした部分を見ると、匂口明るく冴えた様子が垣間見られます。
樋先は小鎬に迫っており、樋の形状からかなり古い時代の一刀であることが判ります。附属の拵は、縁と目貫が獅子図で揃えられ、二色織りの柄巻きが眼を惹きます。
まさに登録された平成19年の7月に買い取ったものの、研磨工作後に御案内しようと思っていたのですが、研磨諸工作が大変立て込んでいるため、現状のままでご紹介致します。
御購入後は是非とも研磨頂き、保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。

裸身重量354グラム。  拵に納めて鞘を払った重量549グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。