脇指 494 下総大掾藤原兼正 越前住
- Shimousa daijo Fujiwara Kanemasa Echizen ju -

刃長 一尺八寸一厘 / 54.58 cm 反り 三分五厘 / 1.05 cm
元幅 31.6 mm 元重 6.9 mm
先幅 物打24.4 mm  横手位置22.2 mm 先重 物打5.3 mm  松葉位置4.6 mm
目釘穴 1個 時代 江戸中期延宝頃(1673~)
The middle period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和31年11月20日 大阪府登録
附属 ・銀はばき
・白鞘 / 継木
・黒蝋塗鞘突兵打刀拵
・桐箱
価格 650,000 円(税・送込)



下総大掾藤原兼正。俗名を服部吉兵衛。濃州関兼法五代孫という。越前、江戸、彦根にて造る。銘は「下総大掾藤原兼正」「下総大掾藤原兼正越前住」「越前下総大掾藤原兼正近江彦根住」等と切ります。

この脇指は小板目肌杢交じって肌立ち、地沸微塵に厚く付き、細かな地景よく入り、匂口は明るく冴え渡り、逆がかった互ノ目や互ノ目丁子、矢筈状の刃を交え、刃縁砂流かかり、荒沸付き、覇気に満ちた作風を示した兼法末葉である兼正会心の名作です。

附属する突兵拵は、経年による小さな凹みは点在するも、状態は総体に良く、一見馬針に見える笄を備え、上品な目貫が添えられた江戸後期の名品。鐔は武州住正恒在銘品。切羽は贅沢な銀無垢製で緩みなく、立派な桐箱に納められ、伝来の良さを感じさせる逸品です。
内外共に非常に美術価値高い一刀ですので、是非とも刀身、拵、共に特別保存審査を御受審頂き、本刀をお客様の手によって出世させてください。

裸身重量535グラム。  拵に納めて鞘を払った重量801グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。