脇指 489 播磨守藤原重忠
- Harima no kami Fujiwara Shigetada -

刃長 一尺七分五厘 / 32.60 cm 反り 五厘 / 0.15 cm
元幅 28.3 mm 元重 4.8 mm
先幅 26.0 mm 先重 4.0 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期万治頃(1658~)
The early years of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和32年6月4日 京都府登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
・銘文刺繍白鞘袋
価格 650,000 円(税・送込)



重忠は江戸前期の万治頃に尾張で活躍した刀工で、江戸に於いても槌を振るいました。

この小脇指は片切刃造で、身幅・重ね共に尋常に美しく姿纏められています。指表に不動明王立像、裏に護摩箸を刻しており、これは重忠自身彫りと推される見事な刀身彫刻です。地鉄は杢目が良く練れて少しく肌立ち、匂口明るく冴えた互ノ目乱れは刃縁に小沸が絡み、足よく入り、細かな砂流が見られるなど、総じて美術価値高い作品です。
尚、本刀は無雙直傳英信流範士九段、明心館々長木村泰嘉氏の愛蔵刀であった一振です。

裸身重量 237グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。