脇指 475 相模守藤原兼安 美濃國関住
- Sagaminokami Fujiwara Kaneyasu -

刃長 一尺七寸四分四厘 / 52.84 cm 反り 三分三厘 / 1.01cm
元幅 31.2 mm 元重 6.7 mm
先幅 物打26.6 mm  横手位置22.1 mm 先重 物打5.5 mm  松葉位置4.6 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期寛文頃(1661~)
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 昭和40年2月12日 高知県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 382,000 円(税・送込)



濃州関住相模守藤原兼安は、外科医でもあった大村加トの下で作刀を学び、甲斐にても作刀しました。名は七郎兵衛と言い、江戸前期の寛文頃に活躍しました。

この脇指は細身で優しい姿の同時代の作が散見される中、反りも気持ち深めで先幅も広く、切先心持ち延びた豪快な造り込みで、杢目鍛えの地鉄は良く練れて詰むも、少しく肌立ち、匂口広めの直刃を焼きあげ、所々に太く短い足も見られる優品です。

裸身重量581グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。