脇指 472 土佐守藤原正信
- Tosanokami Fujiwara Masanobu -

刃長 一尺九寸三厘 / 57.65 cm 反り 二分 / 0.6 cm
元幅 30.3 mm 元重 6.7 mm
先幅 物打23.3 mm  横手位置21.0 mm 先重 物打5.2 mm  松葉位置4.2 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期天和頃〜江戸中期元禄頃(1681〜)
The early 〜 middle period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 平成23年12月22日 兵庫県登録
附属 ・銀牡丹祐乗はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税別)



平井氏。安積岩右衛門。府中住。享保九年、柳沢吉里に従い大和郡山に移り、土佐守となる。

小板目肌良く練れて詰み、地沸付いた精良な地鉄に、匂口明るく冴えた直刃基調の刃を焼いており、食い違い風の刃や二重刃を交え、刃中に葉や足が盛んに入り、刃縁にあたかも大きな沸粒を撒いたような賑やかな出来口です。

兵庫県下の旧家より買い取りましたうぶ品で、眼垢が一切付いていない市場初登場の脇指で、登録手続き代行から研磨、はばきの新調を当店にて行いました。
上化粧仕上げ直し研磨は、日本美術刀剣保存協会主催の研磨コンクールに於いて入賞を果たす腕達者な研師が担当致しました。しっかりと石を効かせた入念な研磨だけあって、地刃共に観賞しやすく、また、迫力ある沸出来を存分にご堪能頂けます。
刀819(土佐守藤原正信)と共に、是非大小でお求めください。

裸身重量551グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。