脇指 449 無銘 (新々刀祐定)
- Mumei (Sinshinto Sukesada) -

刃長 一尺三寸六分一厘 / 41.25 cm 反り 二分九厘 / 0.88 cm
元幅 25.6 mm 元重 5.5 mm
先幅 物打21.4 mm  横手位置19.1 mm 先重 物打4.8 mm  松葉位置4.1 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period od Edo
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和49年3月19日 大阪府登録
附属 ・素銅はばき
・黒蝋塗鞘脇指拵
価格 280,000 円(税・送込)



無銘ながらも祐定らしい腰開き互ノ目を焼きあげた作品で、互ノ目の焼き頭に現れた丁子乱れも見応えある一刀。
拵は切羽のすり替えもない江戸時代のうぶのままで、シンプルながらも非常に好ましいもので、中央を少し絞った柄のシルエットも好感が持てます。大粒の親鮫を巻いた柄前、謙譲(献上)鐔が添えられているので、元は登城用の大小として上士が腰に帯びていた品です。

裸身重量299グラム。  拵に納めて鞘を払った重量524グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。