脇指 431 豊後住友行
- Bungo ju Tomoyuki -

刃長 一尺三寸一分七厘 / 39.91 cm 反り 三分五厘 / 1.05 cm
元幅 31.2 mm 元重 6.9 mm
先幅 物打25.9 mm  横手位置23.8 mm 先重 物打5.4 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期~中期
The early ~ middle period of Edo era
鑑定書 特別貴重刀剣認定書 登録 昭和41年10月12日 京都府登録
附属 ・素銅地銀着二重はばき
・白鞘/継木
・黒蝋塗鞘脇指拵
価格 500,000 円(税・送込)



豊州高田派は、豊後国高田地区(現大分市鶴崎近辺)で栄えた刀工一派で、古刀期の作に平姓を銘切るものが多いことから、それらを平高田と称し、新刀期以降は藤原姓を銘切るようになったことから、藤原高田と汎称します。 古来より実用刀としての評価が高い一派で武用刀として数多の武将に愛用されました。

友行と銘切る高田派の刀工は、古くは南北朝前期の建武から計9名が確認されており、この脇指は江戸前期から中期頃の友行の作。
身幅広めのどっしりとした体配で反り程好く、元禄頃の作と鑑て良いかと思います。杢目肌良く練れて少しく肌立った精良な地鉄に、匂口明るく冴えた互ノ目丁子を焼き、足よく入り、刃縁よく沸づき、刃取りは表裏揃いごころで、飛焼を交え、華やかで頗る出来が良く、疵欠点皆無。下地や仕上げの研磨も腕の良い研師によってなされているため、凛とし、地刃の冴えもじゅうにぶんに引き出された友行の傑作刀で、本間薫山先生も鞘書の中に佳作として高く評価されておられる逸品です。
御購入後は是非特別保存刀剣鑑定を御受審下さい。

裸身重量402グラム。  拵に納めて鞘を払った重量574グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。