脇指 412 二王正綱作
- Nioh Masatsuna saku -

刃長 一尺六寸九分 / 51.20 cm 反り 四分六厘 / 1.40 cm
元幅 28.2 mm 元重 5.3 mm
先幅 物打22.2 mm  横手位置18.5 mm 先重 物打3.7 mm  松葉位置3.3 mm
目釘穴 1個 時代 室町中期(1487~)
The middle period of Muromachi
鑑定書 登録 平成29年10月27日 京都府登録
附属 ・黒石目塗鞘 価格 60,000 円(税・送込)



周防の国にて室町中期に活躍した刀工です。
銘鑑によりますと同国には長享と永正に活躍した二名の二王正綱が確認できますが、資料不足につきどちらの正綱かまでは判りかねます。
中心が短い典型的な片手打体配で、室町中期の刀姿としても資料価値高く、大きく目立つ疵も現状では見受けられません。然るべき研磨を施し、鑑定書を付けて後世に残したい一刀です。

裸身重量393グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。