脇指 407 大和守國行眞鍛作之
- Yamatonokami Kuniyuki -

刃長 一尺八寸八分一厘 / 57.1 cm 反り 二分 / 0.61 cm
元幅 29.5 mm 元重 7.7 mm
先幅 物打23.6 mm  横手位置20.4 mm 先重 物打5.9 mm  松葉位置5.0 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期寛文頃(1661~)
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和26年6月19日 石川県登録
附属 ・銀はばき
・白鞘
価格 150,000 円(税別)



豊州高田派は、豊後国高田地区(現大分市鶴崎近辺)で栄えた刀工一派で、古刀期の作に平姓を銘切るものが多いことから、それらを平高田と称し、新刀期以降、藤原姓を銘切るようになってからは、藤原高田と汎称します。
古来より実用刀としての評価が高い一派で、武用刀として数多の武将に愛用されました。
藤原高田の中でも、とりわけ大和守藤原國行は名工として名高く、時代は江戸の虎鉄や大坂の助廣、真改と同時代の寛文頃(1661年)の業物として著名であり、刃文は当時、肥前刀として一世風靡した近江大掾忠廣の如き匂口の深い直刃を明るく焼き上げることから、國行をはじめとした豊後刀の多くが、肥前刀の偽物に改竄された悲しき歴史もあるほどです。

本刀は昭和26年石川県登録であることから察するに、前田家が旧蔵していたものと思われ、小疵があるも大名刀に相応しく地刃の出来は頗る良く、杢目柾流れでよく練られた地鉄には地沸が付いて地景が入り、明るく冴えた直刃を巧みに焼き上げ、帽子は上品にすぐに丸く、先細かに掃き掛けながら丸く返り、なるほど肥前刀として数多の豊後刀が改竄されるだけある技量の高さを感じさせます。
姿は寛文新刀然たる反り浅目で元先の差がやや開き、重ねは元先共に厚目で頑丈な造り込み。実用刀として定評あった豊後刀の気質を現在に伝える、まさに実用兼備の利刀です。

現状では手入れを知らぬ遺族によって、長年手入れを怠われたがために生じた油染みと若干の小錆が見られますが、大切に伝世してきた様子は研磨や工作からもひしひしと感じられ、特に研磨に関しては下地も良く、仕上げも丁寧になされた上研磨がかけられています。
現状のままでも地刃の御鑑賞に支障はございませんが、出来良い脇指だけに、再び上研磨を施し、保存刀剣鑑定も御受審頂いて、美しい姿で後世に残し伝えて頂きたく、研磨代金を考慮した低価格で御紹介致します。
つきましては安価だからと言う理由からこの脇指をお求めになり、無謀な試斬や武術使用を目的とされる方からのお申し込みは、固くお断りさせていただきますので悪しからず御了承ください。
本気でこの脇指を愛で、健全な姿で次の時代に伝えてくださる心あるお客様からのお申し込みをお待ち致しております。

裸身重量593グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。