脇指 372 清光(加州)
- Kiyomitsu(Kashu) -

刃長 一尺七寸六分九厘 / 53.6 cm 反り 一分八厘 / 0.55 cm
元幅 30.2 mm 元重 6.6 mm
先幅 物打22.2 mm  横手位置18.8 mm 先重 物打4.7 mm  松葉位置3.9 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 平成1年11月27日 大阪府登録
附属 ・銀はばき
・白鞘
価格 9月30日までは消費税当店負担
350,000 円(税別)



新選組一番隊隊長の沖田総司及び同隊士大石鍬次郎の愛刀として知られる加州清光。名鑑によると明応から安政頃まで同銘が数人確認されています。
新刀期における清光は、寛文頃の長兵衛清光・元禄頃の長右衛門清光が著名であり、以下同銘数代が継承されています。これらの作風は匂本位の直刃を多く焼いていますが、稀に直刃調の湾れ乱れや尖りごころのある互の目乱れなども見られます。
清光はその銘の切り方に由来し、十二月清光などとも呼称されますが、本刀の銘は十二月にはなっていないものの、数代続く清光のいずれかの作と鑑せられ、小板目よく練れて詰んだ地鉄が美しく、鎬地は柾目が特に強く現れており、匂口は明るく冴え、高低差少ない大湾れを焼き、所々に足交え、太目の金筋が見られます。
御購入後は是非とも日本美術刀剣保存協会の保存刀剣審査を御受審頂き、本脇指の格を上げて下さい。

裸身重量476グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。