脇指 370 丹波守吉道
- Tanba no kami Yoshimichi -

刃長 一尺八寸九厘 / 54.8 cm 反り 七分六厘 / 2.3 cm
元幅 27.3 mm 元重 6.5 mm
先幅 物打22.1 mm  横手位置20.3 mm 先重 物打4.5 mm  松葉先4.2 mm
目釘穴 1個 時代 江戸
Edo period
鑑定書 登録 昭和27年8月24日 静岡県登録
附属 ・素銅地銀鍍金はばき
・黒石目塗鞘脇指拵
価格 8月21日までは消費税当店負担
89,000 円(税別)



輪反りの強い脇指で、丹波守吉道銘に関しては真贋保証致しません。
地鉄は杢目肌練れて刃縁柾がかり、刃文は直刃を焼くも、刃中に細かな働きが随所に現れています。現状は古研ぎ身で、帽子のフクラに小さな刃毀れが見られますが、再研磨すれば観賞刀としてもお楽しみ頂けます。

附属の拵は江戸期の物を、大東亜戦争時に軍刀としてそのまま利用すべく、鯉口に大振りの真鍮口金を取り付け、柄頭の近くに猿手鐶を取り付けるための穴を穿ってあります。
昭和27年の古い登録証が附属していることから、小大名や重臣クラスの家に伝わっていたものと推測され、鞘に痛みが無い点からも、大切に伝えられてきた様子が窺えます。

裸身重量475グラム。  拵に納めて鞘を払った重量731グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。