脇指 337 丹後守藤原弘幸
- Tangonokami Fujiwara Hiroyuki -

刃長 一尺三寸四分二厘 / 40.66cm 反り 二分八厘 / 0.84cm
元幅 33.8mm 元重 6.3mm
先幅 30.8mm 先重 5.5mm
目釘穴 1個 時代 安土桃山時代末期(慶長頃 1596〜)
The last years of Muromachi(Azuchimomoyama) era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和49年6月4日 高知県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 1,500,000 円(税別)  



堀川國廣の門人で清水の姓を名乗り、初め弘幸と銘しますが、慶長末年に丹後守を受領後には広幸と改めたと伝えられます。作品は刀よりも比較的脇指や短刀が多く、國廣一門の中でも片切刃造りや古色ある彫物、直刃を好んで作刀しており、鑢目が筋違いか大筋違いとなる國廣一門の中で、唯一弘幸だけが“切り”か極浅い“勝手下がり”となります。

この脇指は指表を切刃造りとし、身幅広く豪壮な姿に、師である國廣譲りの板目に杢が交じって柾流れ、肌立ってザングリとした独特の肌合いを示し、鉄色はやや黒味を帯びて地沸が厚く付き、匂口はふんわりとした柔らかい感じで小沸が付き、実に上品で、鑢目は例に洩れず、浅い勝手下がりと、いかにも弘幸らしい出来口の優刀です。

当店にて美術観賞用上研磨を施しました研ぎ上がりホヤホヤの名刀です。御入手されたその瞬間から、堀川國廣譲りである弘幸の出来のほどを、余す事無く堪能頂けます。

裸身重量455グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。