脇指 No.260

勝光(長船)


一尺六寸四分四厘 / 49.8cm 六分六厘 / 2.0cm
28.3 mm 7.3 mm
21.2 mm 4.2 mm
1個 室町中期〜後期
日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
昭和38年2月13日 山形県登録
素銅はばき
白鞘
¥ 900,000 


杢目肌。映り判然と立つ。詳細画像をご参照ください。

匂口明るく冴える。詳細画像をご参照ください。

直に丸く返る。詳細画像をご参照ください。

刃味凄まじい『良業物』として名高い、備前長船勝光。
本刀は疵気少なく、映り立った精良な地鉄に明るく冴えた刃を焼いた優作。

現状でも観賞に支障はないものの、出来良い一刀だけに、是非とも上研磨を施し、大切に次世代に遺して頂きたく、上研磨をお薦め致します。

各種クレジットカード、信販会社による分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。