脇指 193
無銘(藤島)
一尺一寸六分八厘/35.4cm 二分三厘/0.7cm
23.0 mm 5.7 mm
19.0 mm 5.0 mm
1 室町
日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
平成17年5月25日京都府登録
白鞘  黒蝋塗鞘脇指拵
素銅地銀着はばき
\ 420,000 


詳細画像をご参照ください。

詳細画像をご参照ください。

直ぐに丸く返る。詳細画像をご参照ください。

藤島とは、山城の名工、来國俊の門人であった初代藤島友重を祖とする、鎌倉末葉から南北朝に加賀国に移り住み作刀した刀工一派です。越前国藤嶋を生国とする故に藤嶋と称すると伝えられています。現存する藤島は室町初期より見られ、室町後期頃は特に繁栄しました。作柄は、姿などに京風の雰囲気が垣間見られますが、地鉄に黒味があり、大和伝風のものも、備前、美濃伝にも見える作品があると云われています。

指裏中程にフクレ有り。現状では部分的に薄錆があります。
附属の黒蝋塗鞘脇指拵は、龍の金具で統一された、気品溢れる優品です。

各種クレジットカード、信販会社による分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。