短刀 183 甲斐國重光作
平成四年初春 為坂本正臣氏
- Kai no kuni Shigemitsu saku -

刃長 八寸六厘 / 24.42 cm 反り 内反り
元幅 23.9 mm 元重 6.0 mm
先幅 20.2 mm 先重 4.8 mm
目釘穴 2個 時代 平成4年(1992)
The early years of Heisei era
鑑定書 -- 登録 平成4年1月22日 山梨県登録
附属 ・銀はばき
・白鞘
価格 136,000 円(税・送込)



伊東重光刀匠は昭和28年甲府市生まれ、故、人間国宝「宮入昭平(行平)」師と、「榎本貞吉」氏に師事し、昭和55年に独立しました。横綱・稀勢の里の依頼で土俵入りの太刀などを鍛えた経歴もあり、現在も活躍中の刀匠です。
この短刀は相州伝を狙った古刀写しの作品で、そのため目釘穴もはじめから二個あけられています。特筆すべき疵欠点も無く、匂口明るく冴えた湾れ刃には砂流が見られ、美術鑑賞刀として申し分ない出来口。これから刀剣趣味を始められる方にも真向きの良短刀です。

裸身重量167グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。