短刀 179 忠吉
- Tadayoshi -

刃長 九寸八分三厘 / 29.8 cm 反り 内反り
元幅 25.4 mm 元重 6.5 mm
先幅 20.9 mm 先重 5.2 mm
目釘穴 3個 時代 室町後期~江戸初期
The latter period of Muromachi ~ early period of Edo era
鑑定書 -- 登録 昭和41年9月13日 佐賀県登録
附属 ・白鞘
・素銅地銀着はばき
価格 ご案内期間8月31日迄
61,000 円(税・送込)



小板目肌が柾がかった地鉄に、淡く棒映りが立ち、匂口締まり心の細直刃を焼いた上品な作品です。

室町後期から江戸初期にかけて忠吉を名乗る数名の刀工が確認できます。むげに偽銘と決めつけず、駄目元で一度保存刀剣鑑定審査を御受審下さい。

裸身重量201グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。