剣 069

無銘(宇多)
Mumei Uda
八寸三分二厘/25.2cm
19.8 mm 5.3 mm
17.2 mm 5.0 mm
3 室町時代 Muromachi Period
保存刀剣鑑定書
NBTHK Hozon Touken
昭和33年7月大阪府登録
白鞘  金着はばき \ 315,000 


柾目肌詰み地沸付き、沸映り立つ。

直刃。刃縁よく働き、二重刃、砂流、湯走顕著に現れ、金筋、小足入る。極めて古雅な出来口。

直ぐに焼詰め。

鞘書きにもあるように、鎌倉時代の名工三池典太作として伝わってきた剣である。残念ながら時代下がった室町の作なれど、鎌倉時代の古剣の如き古雅な出来を楽しめる。