太刀 069 立子山住人将平作 昭和六十二年春
- Tatsugoyama junin Masahira saku -

刃長 二尺三寸九分一厘 / 72.45 cm 反り 七分一厘 / 2.15 cm
元幅 32.2 mm 元重 7.5 mm
先幅 物打25.5 mm  横手位置23.7 mm 先重 物打5.6 mm  松葉位置4.7 mm
目釘穴 1個 時代 昭和62年(1987)
The Last years of Showa era
鑑定書 登録 昭和63年1月20日 福島県登録
附属 素銅地金着はばき
白鞘
藤安将平直筆桐箱
価格 2,160,000 円(税・送込)



古刀再現でその名を知られる藤安将平師。彼は昭和の終わりから平成にかけて、個展や玄門之会展等の出品に、細直刃の短刀や皆焼の太刀を手掛けていました。
この太刀は、圧し切り長谷部に焦点を絞って鍛錬を試みたその頃の作品で、地鉄の鍛えは、まだまだ宮入行平伝を基本としていたため、現在の作風とは異なり良く詰んでおり、地鉄が締まっているために、刃は明るく冴えた出来口になっています。
この後、平成にかけて、将平師は姿も古作の形を正確に捉えられるようになり、特に平造りの小脇指は、南北朝期の延文、貞治の姿になっていきます。
この太刀を手掛けていた頃は、造っては壊すを繰り返していた頃で、私(店主 町井勲)も上研ぎが施された完成品を、強度試験として荒試しに御提供頂いたことがあります。
将平師はこの刀を観るに、「この頃の作品の中には、今の私の眼には『なんじゃこれは!?』と言うものが多々あるが、これは纏まっている出来が良い作だ。」と、試行錯誤を繰り返した当時を懐かしがっておられました。
尚、この太刀は、はばきを浅井信雄師、白鞘を浅井義雄師、研磨を藤代興里師と、そうそうたる名人達が手掛けていますので、それぞれの諸工作の参考資料としても御所持頂く価値あり名品です。

裸身重量803グラム。


藤安将平プロフィール
藤安将平刀匠は昭和二十一年福島県伊達郡生まれ。昭和41年長野県坂城町の刀匠、故人間国宝、宮入行平師に入門。
昭和50年福島県立子山に鍛刀場を開設して独立。以後作刀の研究修練を重ね日本美術刀剣保存協会優秀賞3回、奨励賞6回、努力賞7回を受賞。平成2年には日本美術刀剣保存協会会長賞受賞。同14年日本美術刀剣保存協会寒山賞を受賞。

尾張熱田神宮、奈良護国神社など多くの神社で奉納鍛錬を行い、平成20年には、704年、佐備大麻呂の作剣以来、およそ千三百年ぶりに常陸鹿島神宮において日本刀奉納鍛錬を行う。

昭和59年秋には伊勢神宮第61回式年遷宮、御神宝太刀謹作奉仕の大役も担い、 先の震災で大きな被害を受けた福島県南相馬の御刀神社復興支援にも大きく尽力され、御神宝となる直刀を謹作奉仕し、直近では福岡の宮地嶽古墳出土大直刀の復元鍛錬など、現代日本刀匠屈指の作刀技術を持っている。

平安、鎌倉時代の古刀剣再現への強い想いを持ち、長年研究修練に取り組み、国宝、重要文化財やそれに類する刀剣類、全国の砂鉄や鉄文化の知識見識も豊富で、太刀、刀、短刀、脇指、薙刀、古代直刀など、どれを手掛けても正確で美しい刀姿を造り上げる。
地鉄、焼刃の手際も鮮やかで幅広い製作能力を誇り、中心鑢や銘文といった中心仕立ても現代刀匠随一で、師である行平没後、師の実子である宮入小左衛門行平(宮入恵)を預かり、弟子として鍛刀修業を積ませた経緯からも、師の信任が厚く、その技量の高さを物語っている。

近年は奈良正倉院収蔵の直刀、手鉾のなど奈良時代の刀剣類の研究、復元製作にも取り組まれ、上記の御刀神社奉納直刀の焼刃などは神域に入られたと言っても過言ではない。

刀心店主、町井勲(修心流居合術兵法創流者、居合に関するギネス記録を6つ保持している)が最も信頼を寄せる現代屈指の刀匠としても知られ、将平刀はテレビ番組内で町井の手によって、鉄パイプ、鉄板切断など日本刀の本分である利刀(折れず曲がらずよく切れるの三事)としての能力も非常に高いことが証明されている。
また将平刀匠は弓、弓道にも深い造詣を持たれており、京都の御弓師柴田勘三郎氏とも長年に亘る親交があって、地元福島では弓術の指導にもあたっている。
人格そして技量に於いても、人間国宝や無鑑査に認定されるべき人物だが、表の世界に出るのを拒み、今尚福島県立子山で黙々と作刀研究に勤しむ生粋の職人肌刀匠である。更なる詳細はこちらをご覧下さい。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。