太刀 040 菊地住惟忠 平成九年八月日
- Kikuchi ju Koretada -

刃長 二尺五寸八分九厘 / 78.45 cm 反り 八分六厘 / 2.78 cm
元幅 34.3 mm 元重 8.1 mm
先幅 27.0 mm 先重 6.3 mm
目釘穴 1 時代 平成9年
Production age 『AD1997』
鑑定書 登録 平成9年10月17日 熊本県登録
附属 ・銀はばき
・白鞘
価格 \ 700,000(税別) 



本名、大塚惟忠。大塚盛竜の門人で、新作刀展に於いて優秀賞等多数受賞。人気高い現代名工の一人です。

本刀は鎌倉中期の福岡一文字派を狙った惟忠刀匠渾身の一作で、巷で40〜50万円で売られている同工の居合用に鍛えられた作とは、姿や出来口はおろか、研磨のレベルも格段に異なる無疵無欠点の入念傑作です。
柾目肌杢交じりの良く練れて詰んだ精美な地鉄に、匂口明るく冴えた小丁子乱れを見事に焼き、飛焼かかり、帽子は直ぐに上品に返っています。
現代の名工による一文字写し、猪首切先の太刀姿を存分に御堪能ください。


各種クレジットカード、信販会社による分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。