小刀 078 対馬守藤原宗利
- Tsushima no kami Fujiwara Munetoshi -

刃長 三寸九分六厘 / 12.0 cm 反り
元幅 13.0 mm 元重 2.7 mm
先幅 7.1 mm 先重 1.7 mm
目釘穴 時代 江戸中期元禄頃(1688~)
The middle period of Edo era
鑑定書 登録
附属 ・白鞘
・下貝素銅上貝赤銅猪目透二重はばき
価格 130,000 円(税・送込)



初代近江守宗利の子で、尾張にて活躍しました。
この小刀は清涼な柾目杢交じりの地鉄に、皆焼風の華やかな焼刃を見事に表した作品で、同工の傑作。付属する二重はばきは近年の作ではなく、江戸期に製作された時代物で、当時からこの小刀が珍重されてきた様子を覗い知ることができます。小刀名品中の名品。

裸身重量17グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。