刀 891 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸二分 / 70.3 cm 反り 四分 / 1.2 cm
元幅 29.6 mm 元重 6.2 mm
先幅 物打24.8 mm  横手位置20.3 mm 先重 物打5.0 mm  松葉先4.2 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和52年1月20日 愛知県登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 3月末日迄の期間限定特別価格
250,000 円(税・送込)



小板目肌柾流れて肌立つ。湾れ調子の刃取りの乱れの山に互ノ目足入り、匂口明るく冴え、金筋入る。
美観を損なう長い鍛え筋がありますが、居合や抜刀用の御刀として用いる分に支障はございません。刀剣趣味初心者向け観賞刀として御所持頂くのもお薦めです。
※武用刀としてお使いの場合は、鐔の責金、柄の調整をお薦め致します。(2万円程でできます)

裸身重量645グラム。  拵に納めて鞘を払った重量948グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。