刀 883 無銘
- Mumei -

刃長 二尺二寸四分三厘 / 67.95 cm 反り 五分 / 1.5 cm
元幅 31.8 mm 元重 7.8 mm
先幅 物打24.8 mm  横手位置22.8 mm 先重 物打5.6 mm  松葉先5.5 mm
目釘穴 1個 時代 昭和前期
The early period of Showa era
鑑定書 登録 平成24年5月1日 東京都登録
附属 ・真鍮はばき
・陸軍九八式略式軍刀拵
価格 200,000 円(税・送込)



杢目肌良く練れて少しく肌立った綺麗な地鉄に互ノ目を焼いた作品。刃中、刃肌に絡んで砂流が随所に見られ、古研ぎながらも観賞用のしっかりとした研磨がかけられているので、横手付近も凛として見栄えが良い一刀です。

附属する九八式略式軍刀拵は保存状態が良く、鐔や縁頭の山吹色もしっかりと製作当時の輝きを保っています。これだけ出来が良いにもかかわらず、銘が切られていないことが不思議でならない、大東亜戦争期の逸品。出来と質に比してはお安い価格で御案内致しますので、この機会をお見逃しなく。

裸身重量782グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,105グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。