刀 863 三春臣源正利作之 文化二年二月日
- Miharu shin Minamoto Masatoshi -

刃長 二尺五寸五分 / 77.26 cm 反り 四分九厘強 / 1.5 cm
元幅 30.8 mm 元重 7.9 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置20.7 mm 先重 物打5.5 mm  松葉位置4.7 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期文化二年(1805)
The latter period of Edo era
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 平成28年12月6日 広島県登録
附属 ・素銅地銀鍍金はばき
・白鞘
価格 866,000 円(税・送込)



小板目肌良く練れて詰み、匂口明るく冴えた直刃を焼き上げ、刃中には幅広の葉が見られ、刃縁に点在するかの如く荒沸が少しく刃縁にかかり、二尺五寸五分の長寸ながら疵気は無く、正利の技量を発揮した優品で、長大ながらも手持ちバランスが良い。

本工正利については詳細な記述が銘鑑にも見られず、ただその存在だけが確認されている程度。現存する作品も少なく、三春臣と銘切っていることから、士鍛冶であったやも知れません。
本刀の出来の良さを存分にお楽しみ頂きたく、御購入の暁には、併せて上研磨も是非御検討下さい。

裸身重量848グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。