刀 841 相州住和平作 昭和庚申年春吉日
- Soshu ju Kazuhira saku -

刃長 二尺四寸一分八厘 / 73.28 cm 反り 三分七厘 / 1.12 cm
元幅 34.2 mm 元重 7.9 mm
先幅 物打26.1 mm  横手位置22.3 mm 先重 物打6.2 mm  松葉位置5.0 mm
目釘穴 1個 時代 昭和55年(1980)
The latter period of Showa era
鑑定書 登録 昭和55年3月8日 神奈川県登録
附属 素銅地金着はばき
白鞘
価格 600,000 円(税・送込)



大久保和平刀匠は、本名を十和彫(とわず)といい、昭和18年に生まれました。昭和36年、後に人間国宝になった宮入昭平刀匠に入門し、約5年の修行期間を経て独立。十和彫の「和」に師である昭平の「平」をいただき刀匠銘「和平」を名乗りました。昭和42年、第3回新作名刀展に出品して入選以降、優秀賞2回、奨励賞2回、努力賞7回受賞し、平成10年には全日本刀匠会理事賞、平成11年には日本美術刀剣保存協会会長賞、平成12年には寒山賞を受賞し、同年無鑑査認定を受け、今後益々の活躍が期待された名工でしたが、平成15年2月24日59歳の若さで逝去しました。

この刀は鎌倉期の大和物に倣った作品で、柾気主調の地鉄に明るく冴えた匂口で直刃を焼きあげています。

裸身重量940グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。