刀 818 山城大掾國重
- Yamashiro Daijo Kunishige -

刃長 二尺三寸一分一厘 / 70.04 cm 反り 四分三厘 / 1.3 cm
元幅 33.8 mm 元重 8.4 mm
先幅 物打28.1 mm  横手位置24.5 mm 先重 物打6.1 mm  松葉位置6.4 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期貞享頃(1684~)
The early period of Edo
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 平成6年6月3日 千葉県登録
附属 素銅地銀着二重はばき
黒蝋塗鞘打刀拵
白鞘/継木
価格 800,000 円(税・送込)



山城大掾国重は大月与五郎国重の弟で、正保二年山城大掾を受領し、江戸・作州津山に於いても作刀しており、二代山城大掾国重と共に江戸水田と称されます。

この刀は身幅広く豪壮な造り込みで、小板目肌杢交じりのよく練られた地鉄に、國重らしい荒沸盛んについた互ノ目乱れを、湾れ調子に焼き上げた秀作。江戸水田ならではの激しい沸の妙味を、お楽しみください。
付属の拵は鞘の状態も良好。居合の稽古等に使用された形跡無く、鯉口も綺麗です。鐔を龍図の物に差し替え、龍図揃いの拵にされるとより一層価値を高めます。
身幅が広く豪壮な刀姿は、とかく試斬抜刀を嗜む方が好まれますが、この刀は後世に残すべき一刀であり、試斬抜刀用としてお求めになられる方は御購入を御遠慮頂き、特別保存刀剣審査を是非御受審下さい。現状でも合格の可能性が高い一刀ですが、上研磨を施した後に御受審頂きますと、更に合格確率があがります。
※保存刀剣鑑定書は日本美術刀剣保存協会から届き次第お届け致します。

裸身重量853グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,144グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。