刀 798 勢州住清雲子元道作
- Seshu ju Seiunshi Motomichi saku -

刃長 二尺三寸八分六厘 / 72.29 cm 反り 四分九厘 / 1.36 cm
元幅 30.9 mm 元重 6.9 mm
先幅 物打23.1 mm  横手位置18.8 mm 先重 物打4.6 mm  松葉位置3.3 mm
目釘穴 2個 時代 平成14年
The middle period of Heisei era
鑑定書 登録 平成14年10月15日 三重県登録
附属 素銅地金鍍金はばき
白鞘
価格 240,000 円(税・送込)



本名、伊藤道行。三重県久居市にて槌を振るいました。大和伝の小作に私淑していたようで、同工の作品には大和色濃い作品をよく経眼します。
この刀は元先の差が開いた優しく上品な姿に、古色な直刃を焼いた作品で、刃縁に細かな働きが見られ、玄人好みの出来口を示しています。
鑑賞刀としても、拵をかけて居合用にもお薦めの一刀です。

裸身重量656グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。