刀 782 無銘(平高田)
- Mumei(Taira Takada) -

刃長 二尺四寸二分六厘 / 73.51 cm 反り 三分三厘 / 1.0 cm
元幅 30.4 mm 元重 6.6 mm
先幅 物打26.6 mm  横手位置21.9 mm 先重 物打5.0 mm  松葉先3.7 mm
目釘穴 1 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 平成26年8月21日 兵庫県登録
附属 ・素銅二重はばき
・朱塗鞘打刀拵
価格 400,000 円(税・送込)



豊州高田派は、豊後国高田地区(現大分市鶴崎近辺)で栄えた刀工一派で、古刀期の作に平姓を銘切るものが多いことから、それらを平高田と称し、新刀期以降は藤原姓を銘切るようになったことから、藤原高田と汎称します。 古来より実用刀としての評価が高い一派で武用刀として数多の武将に愛用されました。

この刀は小板目肌肌立ち、互ノ目調子に互ノ目丁子乱れを焼き、刃縁より平地に向けての働きが顕著に見られ、刃中には葉や小足が頻りに入るなど見どころ多い出来口で、数多の戦によって刀剣の需要が求められた時代には、本刀のような質実剛健たるものが好まれました。
美術鑑賞刀としてもさることながら、現代人にも適した長寸なので、居合等の武用刀としてもお薦めの一刀です。

附属の拵は柄が新調されており、がたつき無くしっかりとしています。私見では鞘は時代物を塗り直したものと見受けますが、中身に相応しく、シンプルながらも見る者の目を惹きつけます。

裸身重量834グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,107グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。