刀 781 正次作之
- Masatsugu -

刃長 二尺五寸五分八厘 / 77.51 cm 反り 六分七厘 / 2.02 cm
元幅 30.3 mm 元重 6.8 mm
先幅 物打25.5 mm  横手位置21.7 mm 先重 物打6.4 mm  松葉位置4.3 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 昭和38年5月2日 東京都登録
附属 素銅はばき
青貝散塗鞘打刀拵
価格 450,000 円(税・送込)



細やかに練られた無地風の肌に、小沸本位の明るく冴えた互ノ目を焼いた作品で、特筆すべき鍛錬疵無く、仔細に見ると刃縁に繊細な砂流が看取されます。
二尺五寸五分強と言う長寸でありながら、重心中程で手持ちバランス良く、実際の重量より軽く感じられます。
同時代に正次を名乗る刀工は多々見られ、いずれの正次なのかは然るべき鑑定機関に委ねたいと思います。銘振りに偽銘臭さは感じませんが、未鑑定刀につき銘の真贋保証は控えさせていただきます。
現状の研磨状態でも刃文の観賞には支障ありませんが、地鉄の変化を楽しまれたい場合は、入念なる研磨をお薦め致します。

附属する拵は青貝を散らした鞘に、細糸撮み巻きの洒落たものでガタツキなくしっかりとしており、鐔は國廣と思しき銘が見られる武骨な無地板鐔が添えられています。

裸身重量845グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,175グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。