刀 773 無銘
- Mumei -

刃長 二尺一寸五分二厘 / 65.2 cm 反り 五分九厘 / 1.8 cm
元幅 29.9 mm 元重 6.4 mm
先幅 物打24.0 mm  横手位置19.7 mm 先重 物打5.0 mm  松葉位置3.2 mm
目釘穴 2個 時代 室町中期~後期
The middle ~ latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和47年9月21日 広島県登録
附属 素銅はばき
黒蝋塗鞘打刀拵
白鞘/継木
価格 250,000 円(税・送込)



中心尻が栗尻になっているので、粗見するとうぶ中心のように見えますが、焼き出し部分を見ると大磨上であることが看破できます。小板目肌粕立った地鉄に、明るめの匂口を焼き、地鉄に絡んで砂流や金筋など、様々な変化を見せる刃中賑やかな出来口は眺めるたびに新たな気づきをもたらしてくれそうです。
※居合等に使用された形跡は見られませんが、前所有者が軽く刃引きをしていますので、刃先は鋭くありません。

附属の拵は鞘の凹みも殆ど無く綺麗で、鬼図の縁金具に仁王の目貫が目を惹きます。鯉口内部も綺麗な状態で痛みはありません。

お手頃な価格でご紹介致しますので、是非とも保存刀剣鑑定を御受審頂き、大切に次の時代に伝え残してください。

裸身重量591グラム。  拵に納めて鞘を払った重量849グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。