刀 765 因幡刀工天龍子秀寿作之 昭和六十二年長月吉日
- Tenryushi Hidetoshi -

刃長 二尺三寸五分五厘 / 71.35 cm 反り 五分九厘 / 1.8 cm
元幅 32.6 mm 元重 7.5 mm
先幅 物打25.5 mm  横手位置22.7 mm 先重 物打5.6 mm  松葉位置5.5 mm
目釘穴 1個 時代 昭和62年(1987)
The last years of Showa era
鑑定書 登録 昭和63年3月1日 鳥取県登録
附属 ・銀はばき
・打刀拵
価格 500,000 円(税・送込)



本名は金崎秀寿。昭和19年生まれ、鳥取市在住。父であり、靖国刀匠の一人でもあった天日斎助寿刀匠に作刀を学びました。

この刀は板目肌が良く練れて少しく肌立ち、匂口明るく冴えた互ノ目乱れに丁子を交えた相州伝に私淑した作品で、刃中の板目肌に絡んで、砂流をはじめ、複雑な変化に富んだ働きを随所に見せ、帽子は盛んに掃き掛けるなど見所満載。研磨も居合用の安研ぎではなく、美術鑑賞用の上研磨が施されてており、地刃の冴えを存分にお楽しみ頂けます。
拵も附属しておりますので、高級武用刀として、また、純然たる美術鑑賞刀としてもお薦めの一刀です。

裸身重量767グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,063グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。