刀 763 濃州住田代角兵衛兼信
- Noshu ju Tashiro Kakube Kanenobu saku -

刃長 二尺二寸七分 / 68.8 cm 反り 五分 / 1.52 cm
元幅 32.3 mm 元重 7.4 mm
先幅 物打25.4 mm  横手位置22.3 mm 先重 物打5.7 mm  松葉位置5.2 mm
目釘穴 1個 時代 江戸初期
The earlyyears of Edo era
鑑定書 倉敷刀剣美術館鑑定書 登録 平成17年12月21日 愛媛県登録
附属 ・素銅地銀着はばき
・白鞘
価格 450,000 円(税・送込)



新刀期における美濃鍛冶の代表的な流派は、田代源一兼信派や、大道派及び三阿弥派、寿命派等で、中でも田代源一兼信は美濃国安八郡神戸を主な鍛刀地として数代に亘って栄えた流派である。
尚、田代角兵衛兼信は陸奥守兼信二代目に相当する刀工で、家伝に従い尖り互ノ目を得意としており、新刀業物刀工としても著名。

本作は、濃州住田代角兵衛兼信作と長文にて銘を有しする陸奥守兼信二代の作。緻密に練られた小板目肌はよく練れて精美で、乱れ映りが立ち、刃文は家伝を忠実に踏襲した三本杉風の小互ノ目で先尖る典型的な出来口。地刃共に一切の破綻が無く、兼信会心の作と言える。
古研ぎながらも地刃の観賞には支障ないも、出来が良い刀だけに上研磨化粧直しを施し、末長く御愛蔵頂きたい一刀です。

裸身重量773グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。